3歳娘と動画なしの週末を過ごした話




こんにちは。Tsumaです。

今日は先週の週末の話を。

ちょうど先週末は夫が不在で娘と二人きりでした。なので私はここぞとばかりに娘と遊ぼうと決め、あるテーマを決めました。

「そうだ、なるべくテレビもYoutubeも見ないようにしよう」

「そうだ、京都行こう」みたいな感じになっていますが、まぁ試しにしてみようと。どうしてもだめなら見ればいいやくらな簡単な感じで(意志が弱ぇ)。

結果:金曜の夜から月曜の朝までで見た動画は某トラじろうのDVD(30分くらい)を2回のみ

はぁ?そうなん普通やし!
って思われる方がいるかもしれませんが、我が家にとっては快挙!出先の夫に報告してもすごく驚いていました。

Tamas家のスタンス

そもそも我が家は娘にそこまでテレビや動画を見せることに抵抗はありません。そりゃもちろん見せすぎは良くないのは分かっているので、○分だけねとか時間を決め、泣いても取り上げるくらいの時もあります。

でもやはり出先でぐずったり車の移動時親が疲れている時などなど動画を見せると驚くように静かにしていてくれるので頼りにしてしまっていました。幼稚園から帰っても「○○見たいー」というのでテレビで見せたり、そのままご飯食べたりという感じでした。

私たち親の責任ですが、娘にとってこれらがとても欠かせない物になってしまっていました。

1日目

幼稚園から帰ってきた金曜の夕方よりスタート。

まず放課後も外でたらふく遊んできたので、家に帰るともう17時!
あらかじめ夕飯の準備はしていたので、一緒にベランダでシャボン玉をして遊びました。シャボン玉大好きな娘。キャッキャ言いながら楽しそうでした。

そして夕食。いつもなら「ドラ○もん見たいー」と叫ぶ娘が何も言わない。なので私も見せない。

そしてお風呂も入り、そのまま遊んだりしながら寝室へ。いつも寝る前にiPadでYoutubeを見るのが日課になってしまっていたので、もちろん娘も言います。

「ユーチューウ(※Youtubeの意)は?」

「今日は無いよ、パパ持って行っちゃった。」と答えると案の定号泣。見たい見たいと大号泣。

しかし10分くらいしたら「無いんならしょうがないか」という感じで絵本を読んでくれと持ってきました。なので絵本を3,4冊読んで就寝。

完全に部屋を暗くして布団に入った後も「ユーチューウ見たかった…」と恨み節を言っていましたが、無事1日目終了。

2日目

土曜の朝は一緒に朝食を作るところから始めてみました。

娘は「しろくまちゃんのホットケーキ」という絵本が大好きなので、前日の夜、寝る前に読んでいました。もちろん計量やフライパンの扱いなどは私がやって、娘には混ぜるところと生地をフライパンに乗せるところをやってもらいました。

案外うまい…。

意外なところで娘の成長を感じました。

そしてそのホットケーキを食べ終えて、おもちゃで一緒に遊びました。

それから着替えて娘は三輪車に乗ってお散歩。途中マルシェをみたりお菓子を買ったり。

そして家で昼食をとり、しばし遊んでから昼寝。

休日の昼寝の前も動画を見る事が多く、昨晩と同じように「ユーチューウ見たい」と泣いていましたが、しばらくすると諦めて絵本を読んで寝てしまいました。

お昼寝終わりに某トラじろうが見たいというのでDVDを見ました。しかし終わった後にもっともっとと催促されることもなく終了。

前日同様にお昼ご飯、お風呂、就寝とスムーズでした。

こうして2日目も終了。

3日目

この日はお昼に娘とラーメンを食べに行きました。夫が不在なので電車で向かいました。娘が退屈しないよう、駅に到着する度に「ここは〇〇駅だよー」など駅名を教えたり、「ほら今向こうから人が乗ってきたよ」とか「あの注意書きなんて書いてるのかな?」とか色々話しかけました。

無事にラーメンを食べ終え、家の周りを散歩してから帰りました。

お昼寝の前もやはり「ユーチューウは?」とダメ元な感じで聞いてきましたが「無いよ」と答えるとすぐに切り替えて絵本を読んでと持ってきました。

そして夕方に某トラじろうのDVDを一度見ただけで3日目も終了しました。

発見したこと

娘が絵本をすごく読むようになった

この週末で一番変わった事がこれ。これまでの寝る前のYoutubeが無くなり代わりに絵本を読むようになった、いつのまにか絵本が前より好きになっていました。今までは1日に一冊読まないこともざらだったのに、自分で読んでと持ってくるようになりました。

絵本のいいところは親も一緒に楽しめるところですね。言い方を変えてみたり、途中で質問してみたり、こちらのペースで進められるので。

これがかなり収穫でございました。
ちなみに翌週1週間も絵本を読んでから寝るようになりました。

ちなみに娘の好きは絵本はこんな感じです。また別記事で紹介しようかな。

案外テレビ・動画なしでも大丈夫!?

私は今まで暗に「この子は動画なくちゃ静かにしてくれない、言う事聞いてくれない」という思いがありましたが、この週末で案外なくてもいけるじゃん!と思うようになりました。

こんなにテレビ・動画の視聴が少なかったのはこの週末のみで、翌週からテレビは見ています。しかし明らかに視聴時間は短くなったし、本人も更にと催促する事が無くなりました。Youtubeに至っては今週一度も見ていません。

これまでは私の方が「テレビや動画なくちゃやっていけない」となってしまっていたのかもしれません。反省反省…。

親は疲れる

やはり今までテレビや動画見てる間に、家事したり束の間の休憩をしたりをしていたのでそれが無いとなるとやはり疲れます。一息ついていても「ママ見てー」とやってきますし、良く分からない(大人には理解しがたい)遊びを一緒にしなきゃいけないし、なかなか疲れます。

なので体力がある時がいいですね。

うちはたまたま夫が不在だったのでご飯も適当だったし、特に出かけなきゃという予定もなかったので時間的に余裕があったので良かったです。

娘が待ってくれるようになった

料理中も呼ばれて娘のところに行くのですが、そう何度もいけないので「今お料理してるから少し待ってね」と言うと少し待っていてくれるようになりました。

たくさん一緒に遊んだ分満たされたのかもしれません。いつももっと遊んであげたほうがいいのかな〜。

今だってテレビを見せていても結局「次はこれがみたいー」とか「なんか怖いの出てきたから変えてー」とか呼び出されることも多かったので。

まとめ

こんな感じのゆるゆる脱テレビ・動画の週末でした。

いいところもあるし、やはり大変なところもあります。

娘の場合、テレビからフランス語を覚えている様子もあるのでこういったメディアが不要とは全く思いません。親の精神衛生上のためにも子育てに使用するのに目くじらを立てるほどでは無いかなと、あくまでも個人的意見で思います。もちろん子供に悪影響を及ぼすような長時間などの使用は例外ですが。

何事も上手く付き合っていけばいいですけど、なかなか難しいですね。

そんなお話でした。

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください