毎日会うのに毎日握手する文化




私が勤めている会社はほとんどがフランダース人なのですが、この文化はうちの会社だけなのでしょうか。

 

出社するとみんなと握手をします。

毎日会う同僚でも、その日に初めてあった時は握手をします。

午後になっても初めてあった場合には握手します。

会議で10人以上の人がいても、全員と握手をします。

休憩室でのコーヒータイムに30人以上がたむろしていても、全員で握手しまくります。

トイレから出た瞬間、手が多少濡れていても握手します。

風邪やインフルエンザが大流行しても握手します。

仲がいい間柄ではフィストバンプをします。

rawpixel / Pixabay

さすがに夕方、帰る直前に初めてあった場合には握手しません。

明らかに風邪を引いていたら握手しません。

 

ギリシャ人の同僚は「ギリシャではそんなことはしない、毎日握手するなんてヨソヨソしい」と言っていたのでヨーロッパではどこでも握手しまくるというわけではないようです。

フランダース人に聞いても、握手文化はベルギー国内でも会社ごとに濃淡があるようで、私が勤めている会社はだいぶ濃い方に属している様子。ベルギーでも握手をしない会社もあるみたいです。

確かに同じ会社内でも違う事務所に行くと、握手はしません。

 

なんとなく風邪が流行る時期だけは感染確率を下げるために、握手じゃなくて、せめてフィストバンプに統一してほしいなぁって私は思うのですが。そう思っているのは日本人の私だけですかね。

みなさんの会社はどうなんですかね?

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください