英語が話せる夫と話せない妻の話




こんにちは。Tsumaです。

このブログでも時々夫が英語で記事を書いたりしてるのですが、夫は英語が一般的に上手らしい。仕事場でも常に英語で、英語で冗談とかも言えるらしいです。へぇー。

一方の私は英語が話せない。というか嫌い。学生時代からそう。

そこで今回は英語が嫌いな私から見た夫の英語能力について書きたいと思います。

きっかけ

まず前提として言いたいのが

そもそも夫は英語が喋れなかった

ということ。全くとは言いませんが、英語で流暢に話せるのとは程遠かったです。

学生時代に知り合い、縁あって結婚して新婚旅行にハワイに行った時のこと。

今思い出してもそんなことある?と思うのですが、ホノルルの街を歩いていて急に夫が叫びました。

何かと思って見てみたら夫の足の裏に蜂が(すでに死んでいる)。

何がどうなったのか分からないのですが、夫はホノルルの街中で蜂を踏んづけたよう(暑いのでサンダルで歩いていました)。そして運悪く蜂の針が踏んづけた足の裏に刺さっていたのです。

毒があるといけないので急いで近くの病院に行って診察を受ける事に。

夫は自分の状況を英語で説明しました。

I pushed bee by my foot ! Very pain!」

中学で習う英語炸裂でドクターに説明しました。英語のすごいところは伝えようという情熱である程度伝わることですね。何とかドクターも理解してくださり、ピンセットで針を抜いてくれました。

「(英語)もう痛く無いか?」と聞くドクター。

「ノーペイン ノーペイン」と微笑む夫。

結局針が少し足に刺さっただけで大事には至りませんでした。

そして新婚旅行から帰って数日した頃、夫が言いました。

「俺、英語勉強するわ」と。

英語の勉強始まる

そこから夫の英語の勉強が始まりました。基本的に英語教室に通ったりはせず自宅で完結する学習方法を取っていました。

オンライン英会話

まず手を付けたのが「オンライン英会話」。無料体験をしてから登録して、週に4日くらいはレッスンしていたと思います。主にフィリピンの先生にレッスンを受けれるサイトを利用し、より良いレッスンを求めてサイトをちょくちょく変えながら続けていました。

CNN ENGLISH EXPRESS

しばらくして英語に慣れてきた頃に始めたのが「CNN ENGLISH EXPRESS」。CNNのニュースを英語文とその日本語の解説がついた英語学習者向け雑誌(らしい)。CDが付いでいるので、これを通勤の間聞いていました。

NHK 実践ビジネス英語

NHKラジオの語学学習番組の一つ。冊子も購入して勉強しておりました。題名の通り実践的な会社で使えそうな表現も多くお気に入りらしいです。

Podcast

これもよく利用していたらしい。私は全く使わないのでよく分かりません。

成果:妻視点

で、結局夫はくじける事なく上記に示した勉強法を続けました。すぐに飽きてやめると思っていた私はびっくり。

英語の勉強を初めて一年半くらいたった頃、夫が出張で1ヶ月海外に行くことに。帰国後、話を聞いたところ、「おおよその会話は英語で問題なく話せた」とのこと。すげぇなぁ、おい!

一年半でかなり喋れるようになったらしい(ざっくり〜笑)

その後、ベルギーに赴任となったので私もようやく主人の英語の力を借りることになりました。ほんと英語喋れる人一人連れてたら楽〜。

一方、妻は

今だに英語全然喋れない!!フランス語も喋れない!!
たまに『一年ベルギーに住んでたらフランス語ペラペラになるんじゃないの?』みたいな質問をされることがあるのですが、声を大にして言いたい。

住んでるだけじゃ言葉は身に付かねーんだ!!

そりゃ買い物に行きますけど、使う言葉は「ボンジュール」「オーボア」「ボンジョルネー」「メルシー」くらい。
テレビもめっちゃ日本の見てる。フランス語習ってるけど週一。上手になる要素少ない。

でもでも、私はとっても大事なことに気づいたのです。

夫よりも私の方がフランス語の発音が上手!

私の舌っ足らずなところがフランス語にマッチしたのか、同じ単語を発音しても夫のはGoogleが聞き取ってくれないけど、私のは聞き取ってくれる。
いつも英語の間違いを指摘されるからここぞとばかりに優越感〜。

英語ができないからって諦めずに他の言語に挑戦するのもいいかもしれませんね。といいながら全然フランス語しゃべれない私が言うのも恥ずかしいですが。

というお話でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください