1週間で15分。日照時間が短いベルギーの冬。




2019年になり10日ほど経ちました。

昨日、今日は久々に気持ちよく晴れ。

しかし、それまではずっとあいにくの天気が続いていました。

1月1日〜1月7日までの7日間でブリュッセル近郊の日照時間が15分だったそうです。短っ

ちなみに日本の12月29日〜1月7日までの10日間、最も日照時間が少なかったのは岩手県湯田で1.2時間。

 

ベルギーの日照時間の短さは顕著です。

もともと緯度が日本よりも高いので、昼間の長さが違います。

冬至の昼間の長さは

ベルギー 7時間56分 (日本 9時間44分)

その差、約2時間分、ほぼ20%短い。

 

これに加えてベルギーの冬はがずっと曇っています。

偏西風と暖流の影響で湿った暖かい空気が海から流れ、冷えた大陸の上で冷やされて雲になるためです。

 

そして2017年12月はトンデモなく寒かったし、暗かった。

2017年12月のブリュッセルの日照時間は1ヶ月で10時間31分。

これはかなりの記録だったらしく、1934年以来で史上2番目に短かった。=83年ぶり

 

ちなみに東京の歴代最短日照時間は1988年9月の39.2時間だそうで。

 

毎日こんな感じの空

太陽が恋しいです、早く春になっておくれ。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください