ベルギービール #3 | Delirium Tremens




今回も有名なビールです。

瓶に描かれたキャラクター、「酩酊状態」になると頭の上をピンクのゾウが飛ぶという西洋の文化に由来するそうです(日本だとヒヨコのイメージですかね)。Delirum Tremensとはアルコールから離脱する際に発生する急性発作(振戦せん妄)を意味し、アメリカでは輸入が禁止された歴史もあるとのことです。

瓶が陶器のような見た目ですが、実際は普通の茶色の瓶にコーティングしているだけだそうです。最初はゴミの分別に迷いました。

またDeliriumはDelirium Cafeでも有名ですね。ブリュッセルの中心街からほど近い、小便少女の前にあるビアバーでは2400種類を超えるビールが提供されており、その数はギネス認定。夜はディープな感じですが、昼間に行くと観光客でも安心して楽しむことができます。

ちなみに先日グランパレスで行われていたイベントでDerilumの店舗が出ており、なぜかそこで手伝いをしていた会社の同僚に娘がピンクのゾウのヌイグルミをもらいました。「振戦せん妄」と書かれたピンクのゾウ、2歳児の娘とは無縁ですね。

Delirium Tremens

【苦味】 弱い ★★☆☆☆ 強い
【甘み】 弱い ★★★☆☆ 強い
【酸味】 弱い ★★☆☆☆ 強い
【コク】 弱い ★★★★☆ 強い
【キレ】 弱い ★★☆☆☆ 強い

(数値は個人的見解です)

重みのある味ですがフルーティーな香りもします。最後にスパイスのようなアルコールの辛味が残り、それがコクを足している印象です。アルコールは8.5%。ゆっくりと味わって飲めるストロングエールです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください